レシピ

自家製ゆず茶

100210_1ゆずをたくさんいただいたので、ゆず茶を作ってみました。
ゆずはよく洗ってから4個に切って果汁を絞り、種を取り除きます。皮は白いわたの部分も一緒に細めの千切り。煮沸消毒したビンに、ゆずと氷砂糖を1:1の割合で入れて、氷砂糖が溶ければ出来上がり。氷砂糖じゃなくて蜂蜜でも美味しくできます。今回は梅酒を仕込んだ残りの氷砂糖があったので使いました。
お湯で溶かしてゆず茶でもいいし、ヨーグルトにかけても美味しく食べられます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

檸檬胡椒

090822_1090822_2黄色い唐辛子が手に入ったので、柚子胡椒ならぬ檸檬胡椒を作ってみました。
ホントは黄色い柚子胡椒を作りたかったんですが、この時期に黄柚子が手に入らなかったので、同じ柑橘類で黄色いレモンで作ってみたんです。少し苦味はあるけれど、いい香りに仕上がりました。これもアリだな。

<材料>
レモン 2個、黄色い唐辛子 6本、塩 10g

<作り方>
1.レモンの皮は塩で擦り、ワックスをおとす。白いわたの部分は削ぎ落とし、黄色い部分のみを粗みじんに切る。
2.唐辛子は種とわたの部分を全てとって粗みじん切りにし、レモンの皮とあわせる。
3.2と塩をミキサーにかける。ペースト状にならない場合はレモン果汁を少し加える。

瓶に詰めて冷凍保存。冷蔵でもある程度日持ちはすると思いますが、冷凍の方が長持ちするので。
使わなかった果汁はシロップと蜂蜜を混ぜ、炭酸水で割って自家製レモンスカッシュにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いも床

090817_1先日実家に帰ったときに教わった「いも床」を作りました。
何に使うものかって、漬物床なのです。糠床みたいな。
ひと口大に切った野菜を密封できる袋(ジップロックなど)に入れ、いも床を小さじ1~2を加えてよく揉み込み、冷蔵庫で1晩寝かせると漬物の出来上がり。食べる時はいも床を洗い落としてからいただきます。

【いも床の作り方】

<材料>
じゃが芋 250g、塩 100g、砂糖 150g

<作り方>
1.じゃが芋は皮を剥いて茹でる(蒸かしてもよい)。茹で上がったじゃが芋を熱い内につぶす。
2.熱いままのつぶしたじゃが芋に塩と砂糖を加え、よく混ぜる。
3.密封容器に入れ、冷蔵庫で3~7日なじませる。

保存期間は約1年。使う量の目安は、きゅうり3本=いも床小さじ1程度でOK。
うちの両親もTVで見て作ってみたら美味しかったらしい。糠漬けほど酸味がないし、匂わないので糠漬けが苦手な人も大丈夫なんじゃないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごのティラミス風

090426_1 いちごとマスカルポーネでティラミス風のデザートを作りました。

<材料>
マスカルポーネチーズ 250g、グラニュー糖 30g、卵 2個、いちご(小粒) 15粒くらい、市販のスポンジ生地 適宜、シロップ(グラニュー糖25g+水50cc)

<作り方>
1.いちごはミキサーなどでピューレにする。シロップ用のグラニュー糖と水を加熱し、シロップを作っておく。
2.卵は卵黄と卵白にわける。卵黄にグラニュー糖を加え、もったりとムース状になるまで混ぜる。ムース状になったらマスカルポーネチーズを少しづつ加えよく混ぜ、最後に1のいちごのピューレを加え、よく合わせる。
3.卵白は固く泡立てる。
4.2に泡立てた卵白をくわえ、さっくりと混ぜる。
5.適当な大きさにきったスポンジ生地を器に敷き、はけでシロップを塗って5の生地を流しいれる。もう1度繰り返して2層にする。
6.冷蔵庫で4時間以上冷やす。

結構な量になります。大きめの器で作った方がいいです。大きな器で作って、スプーンで
すくって盛り付け。写真は仕上げにさらっとタイプのいちごジャムをかけて、いちごとミント添えました。
スポンジ生地は富澤商店で買った15cmのスポンジを2/3くらい使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤトウリとヤーコンのサラダ

090128_2 ハヤトウリとヤーコンでサラダを作りました。ヤーコンは甘みがあって、梨みたい。シャキシャキな食感のサラダです。

<材料(2人分)>
ハヤトウリ 1/2個、ヤーコン 7cmくらい、にんじん 5cmくらい、きゅうり 1/2本、ドレッシング 適量

<作り方>
1.ハヤトウリは横に半分に切って、中の種を取り除く。種の周りの白い部分は少し硬いので削り取ること。皮もピーラーで剥き、千切りにする。
2.ヤーコン、にんじん、きゅうりも千切りに。
3.ドレッシングで和える。

ドレッシングはキューピー低カロリードレッシング・さっぱり塩味を使いました。我が家にはこれしかないんですけどね(笑)。ヤーコンの味を活かしたいので、塩やレモン味のドレッシングやフレンチドレッシングなどのさっぱり系を使うのがいいと思います。ヤーコンは時間がたつと変色しちゃうので、食べる直前に切って和えるのがおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉ニンニクのツナ和え

090127_1アースデイマーケットで買った葉ニンニク。教えてもらったレシピのツナ和えを作ってみました。
ストックしてある、フィジーで買ったチリツナ缶で作りましたが普通のツナ缶でもOK。ツナ缶のオイルで葉ニンニクの味を少し押さえるので水煮缶じゃなくオイル漬けを使うこと。オイルの量は好みで加減するのですが、オイルが多い方がまろやかになります。匂いが強いです。胃からニンニクが香ってきます(笑)。翌日はブレスケアが必要かも。

<材料(2人分)>
葉ニンニク 7~8本、ツナ(オイル漬け) 1/2缶、醤油 大さじ1弱、白胡麻 適量

<作り方>
1.葉ニンニクは斜めに適当な大きさに切る。
2.ツナをオイルと一緒に加え、醤油で和える。最後に白胡麻をかける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぶの葉とツナのふりかけ

081119_1081119_2秋植え野菜の初収穫をしました♪
写真左が収穫した野菜です。ルッコラ、ラディッシュ、コカブ。コカブは間引き分だけど。左下は福耳です。ルッコラは株ごと収穫じゃなくて大きくなった外葉から収穫して、株は残しています。まだまだ新しい葉がでてくるので、成長待ちですね。
コカブ&ラディッシュの葉を使って生ふりかけ(写真右)を作りました。

<材料>
コカブ&ラディッシュの葉・・・200gくらい、ツナ缶・・・1缶、生姜・・・1かけ、唐辛子・・・1本、白胡麻・・・小さじ2、酒・・・大さじ1+1/2、しょう油・・・大さじ1、塩・・・適宜

<作り方>
1.コカブ&ラディッシュの葉は5mmくらいに刻み、生姜はみじん切りにする。種をとった唐辛子は細切りに。
2.フライパンにツナ缶の油を適量入れ、生姜とコカブ&ラディッシュの葉をしんなりするまで炒める。
3.ツナをさっと混ぜ合わせ、酒としょう油を加える。水分がなくなるまで炒め、味をみて塩で味を整える。最後に白胡麻を加える。

冷蔵庫で3~4日は日持ちします。大根の葉でも美味しくできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェノバペースト

081007_1少し前の写真なんですがUPしちゃいます。
先日の伊豆旅行で買って帰ってきたバジルを使ってジェノバペーストを作りました。本当は松の実で作るんですが、家になかったので常備している胡桃で作ってみました。これもアリですね。いい感じです。
<材料>
バジル・・・20g、胡桃・・・50g、パルメザンチーズ・・・15g、にんにく・・・1片、レモン汁・・・大さじ1、オリーブオイル(エキストラバージン)・・・120ml、塩・・・適量
<作り方>
1.バジル、胡桃、にんにくをフードプロセッサーでペースト状にする。
2.レモン汁を加えて更に攪拌し、混ざったらオリーブオイルを少しづつ加えながら更に混ぜる。
3.パルメザンチーズを加え、味をみながら塩で整える。

使い途はパスタを和えてジェノベーゼにするのはもちろん、いつもの塩ドレッシングに混ぜてバジルドレッシングに、蛸や蒸し鶏なんかを和えて前菜に、スープに1さじ落として風味付けにしたり、海老のグリルや魚のソテーのソースに、モッツアレラチーズと一緒にホットサンドにしても美味しく食べられます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

サルサソース

081005_1クラッカーと一緒に食べるおつまみにしようとサルサソースを作りました。
なかなか美味しくできて、なんともビールのすすむこと(笑)。

<材料>
トマト・・・3個、玉ねぎ・・・1/4個、ピーマン・・・小1個、チリパウダー・・・適量、ハラペーニョのピクルス(輪切りスライス)・・・2枚、レモン汁・・・小さじ1、塩・・・適量
<作り方>
1.野菜、ハラペーニョのピクルスは全てみじん切りにする。
2.ボールに野菜、レモン汁、ハラペーニョのピクルス、チリパウダーを入れてよく混ぜる。味をみて塩で整える。

以上です(笑)。ようは切って混ぜるだけ。すぐに食べられますが、冷蔵庫で1時間以上寝かせると味がなじみます。辛味はお好みで。ハラペーニョのピクルスは入れなくてOKだし、チリパウダーじゃなくてタバスコを使ってもできます。チリパウダーを小さじ1入れて作りましたが、結構辛いです。パンチのあるサルサソースになりました。目安にどうぞ。レモン汁も酸っぱいのが苦手で、トマトの酸味だけでOKなら入れなくてもいいですし、にんにくを入れても美味しくなります。
トーストした食パンにサルサソース&とろけるチーズをのせてチーズが溶けるまで再度焼くと美味しいサルサトーストができます。朝食に食べました。この場合はにんにく入りじゃない方がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ながとうの焚き物

080915_1jpg収穫した伏見甘長をおばんざい風に煮物にしました。
伏見甘長じゃなくても辛くないとうがらしなら何でもOK。作ったことないですが、多分しし唐でもできます。

<材料>
伏見甘長・・・200gくらい、かつお節・・・3g、酒・・・大さじ1、みりん・・・小さじ1+1/2、薄口しょう油・・・小さじ1、砂糖・・・大さじ1弱、水・・・1カップ
<作り方>
1.伏見甘長は縦に半分に切り、種を取り除く。
2.鍋に酒とみりんを入れて煮立て、アルコール分を飛ばす。
3.砂糖と薄口しょう油、伏見甘長、かつお節、水を加え、煮汁がほぼなくなるまで落し蓋をして中火で煮る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)