野菜のソムリエ

スイートスプリング

091220_1先日Yさんから美味しい柑橘類をたくさんいただきました。
クリスマスラッピングまで!ありがとうございます~♪
実は初めていただきました。新顔の柑橘類「スイートスプリング」です。八朔と温州みかんの交配品種だそうで、カットした時のオレンジの色は温州みかんらしいです。味も酸味より甘みがたつ感じで、すごく美味しい!
見かけたら買います、これ!でもあまり見かけないんですよね~。
Yさん、いつも美味しいものをありがとうございます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回野菜ソムリエ便

091019_1091019_2野菜のソムリエ、プレミアム会員に入会しました。
特典のひとつが季節の野菜と果物を年2回届けてくれるソムリエ便。第1回はじゃが芋と柿でした。写真のとおり、じゃが芋4種類×柿3種類。
まだ食べてません。ベジフルカルテという、栄養素やレシピなどを記載するシートを作成して提出してくださいって事なので食べ方も考えないと。1品種=1個のじゃが芋をどうやって有効的に使えばいいのか。正直、もう少し量が欲しかったです・・・。せめて倍あればいいのにな。送られてきた箱が大きかっただけに、がっかり感は否めません。
味はとても楽しみです♪じゃが芋1個で美味しく、栄養もできるだけ損なわなず食べられる料理。頑張って考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜ジュースのアレンジ

081003_1KAGOMEさんの野菜ジュースモニターに応募していましたが、どうも外れちゃいました。残念!
モニターズ・ガイドの”プラス牛乳!”って記事を読んで興味をもった私。
牛乳じゃなくヨーグルトドリンクで割ってみました。野菜生活・赤の野菜+低脂肪・高カルシウムタイプの飲むヨーグルトを1:1で。
これ、かなり美味しい!
トマトジュースがNGなダンナも美味しいって飲み干しました。赤の野菜にはトマトが入っていて、他の素材で飲みやすくなっていますがすこしトマトの風味と味を感じるのです。飲むヨーグルトと割ると酸味がプラスされてトマトの風味がほぼわからなくなります。
マンゴー味がベースの黄色の野菜、マスカットベースの緑の野菜、ベリーが入っている紫の野菜にも合いそう。試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実るプロジェクト Vol.7~トマト

080127_1080127_2日本ベジタブル&フルーツマイスター協会さん主催の勉強会「実るプロジェクト Vol.7~トマト」に参加しました。
名古屋をベースに、フードコーディネートやお料理教室も開催されている田中稔先生を講師に迎えた勉強会です。
左の写真、全部トマトなんですよ!白いトマトなんて知らなかった!残念ながら食べる事はできなかったんだけど。白いの、黒いの、オレンジの、黄色の、緑の。トマトっていっぱい品種があるんですよねぇ。
写真右が食べ比べできたもの。上段左から桃太郎、グリーングレープ、カナリーベル、ブラウンベリー、ティンカーベル、レッドピアー、下段左から石山農園のトマト、トマトチェリー、フルーツトマト、ピッコラルージュです。これとトマトベリー、マイクロトマト(共に写真なし)の12種類を食べ比べしました。甘いもの、甘み&酸味のバランスの良いもの、青臭いもの、食感も硬いもの、柔らかいもの様々。トマトの旬は本来は夏(露地もの)ですが、冬にもこれだけの品種を食べられるんですね。農家さんの努力のおかげです。

080127_3080127_4トマトそのものだけじゃなく、トマトを使ったお料理も教わりました。まずは「トマトとブリーチーズのオープンサンド」
スライスしたバゲットにトマト、チコリ、ルッコラ、ブリーチーズをのせただけのものですが、これが美味しい!トマトが事前にオリーブオイル、レモン汁、塩&胡椒でマリネされていて、このひと手間が美味しさの秘訣。チコリの苦味とルッコラの風味、食材の組み合わせも大切な要素なんだなぁ。写真左は試食用に自分達で作ったオープンサンド。写真右は先生が盛り付けした一皿。盛り付け方で、こんなにも見た目の美味しさが変わるんだって実感。

080127_5080127_6 次は「いろどりトマトのサラダ」
赤、黄色、緑のトマトをカットしてドレッシングでマリネしたサラダ。刻んだ玉ねぎ、セロリ、オリーブオイル、レモン汁、酢、塩&胡椒、ミントの葉がドレッシングの材料だそうです。今までサラダは食材から水分が出てしまうので、食べる直前にドレッシングで和えるものだと思って、そうしていました。このサラダはトマトから出る水分もドレッシングの一部になるって考えで、ドレッシングでマリネしてから寝かせているそう。ホントに美味しかった!左は試食用にプラスチックカップに入ったサラダ、右は先生がお皿に盛り付けたサラダ。高級レストランの前菜になりますよね。
080127_7_7080127_8_6写真左は「鶏とじゃが芋のトマト煮。鶏の手羽元を、じっくり炒めた玉ねぎ&にんにく、ベーコンと共に完熟トマトとチキンブイヨンで煮込んだ一品。これまたシンプルな作り方なのに鶏肉はほろっとほどけるくらい柔らかくて美味しい。
右はデザートメニューの「トマトのシロップ煮。ココナッツ風味のゼリー(パンナコッタ風)にトマトを桂花陳酒のシロップで煮たソースをかけていただきます。白ワインを使ったシロップはよくききますが、桂花陳酒を使った、しかもトマトのシロップって初めてでした。香りが良くてホントに美味しい!これはお客様を迎えたときの我が家のおもてなしメニューにします(笑)。

トマトのことはもちろん、包丁使いのアドバイスやオリーブオイルのお話、レシピの考え方や盛り付けの方法までトータルして勉強になる、内容の濃い勉強会でした。参加して良かった!テーマや日時もわかりませんが、次も参加したいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴのワークショップ

080124_3 ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスターの資格を取得してから初めて勉強会(クラブ活動)に参加しました。日本ベジタブル&フルーツマイスター協会さん主催の色々な勉強会があって、今回はイチゴのワークショップに参加。
栃木県でイチゴを担当されている方を講師にお迎えして、栽培方法や生産高などのイチゴ全般のお話を伺っての勉強会。この勉強会で初めて知った事のひとつに、普段私達が実だと思っている部分は実ではなく花の一部だって事!実は種だと思っている表面のプチプチなんだそうです。知らんかった~。勉強会の後は栃木県産いちごの代表「とちおとめ」をはじめとする、様々な産地・品種のイチゴ15種類を食べ比べです。

080124_1_2080124_2_315種類のイチゴ(写真左)とその断面(写真右)です。産地と品種は写真上のとおり。品種名・産地の横に書いている赤丸の数字は、イチゴの先端部分で測った糖度です。同じ品種のイチゴでも産地が違うと甘さ&酸味や香りが全然違います。形も小粒のもの、大粒のもの、丸いもの、長細いものと様々。断面を見ても、中の果肉が白いもの、赤いものと様々です。
今回食べた中では栃木県産「とちおとめ」、宮城県産「とちおとめ」、群馬県産「やよいひめ」、愛知県産「ゆめのか」を美味しく感じました。私の基準なので、他の方はどうかわかりませんが(笑)。この4つは甘さと酸味が丁度よく、食感も固めで香りが芳醇。私が好きな味だったんですよ。「やよいひめ」「ゆめのか」は私の近所では見かけない品種。見つけたら即買いしそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜のソムリエエプロン

071210_1この間、申し込んでいた野菜のソムリエエプロンとバッジ&スカーフ(バンダナ?)が届きました。
これは合格通知と一緒に案内が入っていて、希望者が購入できるものです。せっかくなので、買っちゃうことに。
バッジ&スカーフの色ですが、TVや雑誌に登場されている野菜のソムリエの方々は緑色をされています。ランクによって色が違うのです。私が取得できたジュニアマイスターは赤色で、1ランク上のマイスターは緑色。エプロンは同じです。
受講料が結構するので、合格者にプレゼントでもいいのでは(笑)と思わなくもないですが、やっぱり嬉しくて買っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合格しました~!!!

カンボジア旅行から帰ってきたら届いていた通知。

ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター試験合格しました!!

嬉しい~♪
思っていたより良い結果で、更に嬉しさUP♪
これからも、もっともっと野菜&フルーツの事を勉強していきたいと思います。
1ランク上のベジタブル&フルーツマイスターにもチャレンジしてみたい、かも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

りんごの食べ比べ~スターキング・デリシャス

071102_5このりんごは「スターキング・デリシャス」です。
果皮は濃いめの赤で、薄く黄色の斑点と分かりづらいですが縞模様があります。形は長細い円錐形に近く、お尻部分が細くて隆起しています。アメリカで”デリシャス”の着色系枝変わりとして誕生したりんごです。時期は10月中旬頃から。今回食べたのは未熟だったのかも。香りもあまりなく、酸味も甘みもほぼ感じず。繊維質も感じました。見事に赤く色づいていたので食べたのですが・・・。
色々と調べてみると、香りも食味良好、甘くて美味しい品種だそうです。色づいていても未熟な場合もあるって。う~む、やはり食べる時期を間違えたみたい。
これは、再チャレンジだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごの食べ比べ~シナノスイート

071102_4これは「シナノスイート」です。
果皮は明るい赤で、薄く縦縞が入っています。”つがる”と”ふじ”の交配種です。時期は10月上~中旬頃から。平成8年に品種登録された、新しいりんご。「シナノスイート」は”つがる”と”ふじ”人気品種の交配種だけあって、風味がいいです。果汁もたっぷりだし、さわやかな甘さ、甘酸っぱい香りが芳醇。これも好きだなぁ。
果肉も柔らかすぎないので、加熱調理もいいかと。ジャムに合う感じです。酸っぱすぎないし、ジューシーだし。でも何だかんだ言って、あったらサクサクとそのまま食べちゃいそうです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごの食べ比べ~シナノゴールド

071102_3これは「シナノゴールド」
果皮は明るい黄色で、表面に茶色の斑点。”ゴールデンデリシャス”と”千秋”の交配種です。時期は10月上旬頃から。「シナノゴールド」は”ゴールデンデリシャス”の多汁と、”千秋”の歯ごたえのいい果肉、過ぎない酸味を受け継いだリンゴだと思います。硬すぎないサクサクした果肉がいい歯ごたえ。”千秋”より酸味がマイルドで、その分甘みを強く感じます。今まで食べた3つのリンゴ(王林、秋映、シナノゴールド)の中では味が濃厚な感じ。これも好き。
果肉の歯ごたえがとにかく良く、甘みが強いリンゴなので、小さくカットしてヨーグルトを一緒に食べると美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)