« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

カリフラワー&ブロッコリー4

071228_1071228_2我が畑のカリフラワー&ブロッコリー
植えた時期が遅かったので、他の畑と比べて随分小さいけれど、花蕾がついてきました。
左はスティックセニョール(ブロッコリー。主茎のてっぺんについた花蕾です。これはそろそろ収穫しようかな。これを収穫したら、予定では脇芽がどんどん出るはずなので。
右は白いカリフラワーです。これが1番成長している株で、他はまだ花蕾は見えません。小さいけれど、しっかりカリフラワーでしょ?もう少ししたら、周りの葉を紐でまとめて花蕾に直射日光が当たらないようにします。そうしないと真っ白に育たないらしいので。オレンジ&紫のカリフラワーも花蕾がつけばいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋・コカブ3

071227_1秋植えのコカブ初収穫を迎えました!
真っ白の実がきれいに育ちました♪ 嬉しいよ~♪
風邪引き後の私に変わって、ダンナが寒風吹き抜ける畑に行って収穫してきてくれました。お疲れさま。
春植えの時よりも大きく、葉も立派に育ちました。お正月用に小さなカブを収穫して、菊花カブにしようっと。
来年は春植えのカブはやめて、秋植えだけで育てます。決まり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスのデザート2007

071226_1_2071224_1_2今年もケーキを作りました。毎年、クリスマスだけはケーキを作ってたんですよね。確か、去年はガトーショコラだったかな。
今年は稲田多佳子さんの本「”くり返し焼いて見つけたお気に入りレシピ”ちいさな焼き菓子とおすそわけスイーツ」から抹茶きなこロールを焼きました。抹茶が封を切ってから時間が経ったものを使ったからか、あまり鮮やかな緑色にならなった・・・(苦笑)。スポンジももっとフワフワに焼けたのかな、とも思いますが、とにかく初挑戦にしては上手く作れた方ではないかと。
もう1つ、同じ本からチョコレートのプチケーキも焼きました。小さな型がなかったので、持っていた薔薇の焼き型で作ってみました。
カットしたロールケーキとチョコのプチケーキを1個づつ食べました。
手作りのクリスマスもいいもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスディナー2007

071225_1今年もクリスマスイブの夜は我が家で過ごしました。
ディナーもちょっと頑張って、コース形式にして自分の手料理(笑)。
まずはじゃが芋と葱のビシソワーズ。味出しにボンレスハムを1枚加えて、ブイヨンで柔らかく煮たじゃが芋と葱をミキサーでピューレに。それを牛乳でのばして冷やしただけの簡単スープです。
もう1品はバーニャカウダ。牛乳で煮て臭みをまろやかにしたニンニクとアンチョビを1:1で合わせ、ミキサーでオリーブオイルと一緒にピューレにしたソースを温めながら野菜につけて食べる前菜です。”温かいお風呂”の意味のとおり、たっぷりのオリーブオイルを加えます。野菜がバツグンに美味しく食べられます。

071225_2071225_3次は蛸とブラックオリーブのトマトソースパスタ。ほうれん草入りのフェトチーネで作りました。トマトソースもカットトマト缶+トマトピューレを煮詰めて、少しの砂糖と塩・胡椒で味を調えた簡単レシピ。メインは鶏の胸肉のソテー・きのこソースを。付け合せは市販のポテトチップス「堅揚げポテト」とマッシュポテトを交互に3層に積み上げて、上にスモークサーモンをのせました。凝って見えますが、作ったのはマッシュポテトだけ(笑)。これもお手軽です。

このメニューにプラス、チーズとデザートのケーキ、コーヒーの5皿+チーズのコースでシャンパンを1本空けました。いや~、満腹。
しかし、コタツで食べているあたりが何ともいえん(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パン2種類

071223_1071223_2これも寝込む直前に焼いたパン2種類。
右のチョコチップパンはもう既に残り1切れです。寝込むのを予想したかのように2種類を一気に焼いていて良かったぁ。
気温が下がって、発酵に時間がかかるようになってきました。オーブンレンジの発酵機能を使ってもいつもの時間よりちょっと長めにしないとうまく発酵してくれません。左の五穀パンはすこし小さめになっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当02

071222_1風邪ですっかり寝込んでおりました。
久しぶりにブログを書いています。これは、寝込む直前に作ったお弁当。せっかく写真を撮ったので、日にちは経ってますがUPしちゃいます。

メニューはキャベツの豚肉巻きフライプチトマトじゃこ入り玉子焼きレンコンのピリ辛炒めひと口大学芋ねぎと麩のお味噌汁カリカリ梅です。
レンコンは伊豆自然生活さんで買ったもの。これ、本当に美味しい!1袋しか買わなかったんですが、もう一袋買えば良かった。
ごはんは十六穀米です。市販されているパックのやつ。我が家では滅多に真っ白なごはんは炊かなくなりました。玄米か、麦入りか、雑穀米です。もっと黒米を入れたごはんも炊きます。何だか美味しい気がするんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒ごまクッキー

071220_1お菓子の練習・第2弾は「黒ごまクッキー」です。
稲田多佳子さんの「”何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ-超人気お菓子サイト たかこ@caramel milk tea」に掲載されているレシピで。前回作った”スノーボールクッキー”と同じく、生地はフードプロセッサーで作りました。やっぱりバターはたっぷりめに使います。なのでこれもサクサク食感で、ぷーんとごまの香ばしい香りがたまらない美味しさです。
クッキーは2度作ったので、今度はケーキ類に挑戦してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

またまた伊豆旅行

15~16日の1泊2日で、伊豆の城ヶ崎へ行ってきました。
今年2月にお世話になった「ゲストハウス南回帰線」さんにまた泊まるのが目的です。

お部屋も、お風呂も、食事も、オーナーご家族も最高に素敵で、また行きたいねって話をしていたのですよ。オーナーご夫婦は以前商社にお勤めで、アフリカに駐在していらっしゃった経歴の持ち主。来年1月末にまたタンザニアへ行かれる事になったとメールマガジンを頂いて、日本にいっらしゃる間に、ぜひまた伺わねば!と急遽行くことにしたのです。土曜の1泊だったので満室でした。予約できて良かった~。
前回は嵐のような大雨のバレンタインデーに伺ったからか、オーナーご夫妻が私達の事を覚えていてくださって嬉しかったです。変わらぬ温かいもてなしに、心地よく、すっかり寛いできました。
オーナーご家族がタンザニアに行かれている間は、お若い新婚さんカップルが留守番役になられるそうで、3~4月頃に”ヤング”南回帰線として再オープンするそうです。来年また行きたいな。

071219_2_3 071219_1_3いくら宿泊が目的とはいえ、どこにも寄らないのはあまりだし、道が予想より混んでなくて早く到着したのもあり、買い物&観光もしました。バリ島市場ウブド伊豆でランチ&買い物を。竹シェードのフロアランプが安くなっていたので購入しちゃいました。伊東マリンタウンで休憩した時は、催事の「大陶器市」を見てまわって、木のお弁当箱についつい手が。和風の中鉢の器もいくつか目をつけ、帰りに買うことにしました。だって、700~1500円くらいで買えるんだから、安い!写真は城ヶ崎遊覧船に乗ったときの写真です。写真左は城ヶ崎の吊り橋、右は灯台です。お天気はものすごい良かったんですが、風が強くて船は結構揺れました。私達が乗った時間の後、予定ではもう1本あるはずだったんですが、最終便は運行中止になってました。行き帰りともお天気が良くて、時間帯も良かったのか渋滞もなく、気分良くドライブできました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お弁当01

071218_1今日は平日だけど、ダンナがお弁当を持って出勤しました。
ひとりランチが決定している日なので、お弁当にしたのです。ランチ代もばかにならないもんね。
いつものお弁当箱じゃなくて、木製のわっぱ風お弁当箱で気分を変えて。
おにぎり弁当にしました。メニューはおにぎり3個鶏手羽中の照り焼き胡椒風味蛸ときゅうりのピンチョスプチトマト海苔入り玉子焼き明太子かまぼこ&チーズかまぼこです
おにぎりは上からカリカリ梅+青海苔青唐辛子味噌入り鮭フレーク+白胡麻の3種類。青唐辛子味噌は伊豆の伊東マリンタウン内にある「伊豆自然生活」さんで買ったにんにく漬けの味噌のみをおにぎりの中身にしました。かまぼこ2種も、同じお店で買ったもの。美味しいんだよね~。
これからもダンナのひとりランチの日はお弁当になるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wii Fit 経過1

やり始めて10日あまりが過ぎたWii Fit

正直に結果が出るので、嬉しいのか悲しいのかわからない状態です(笑)。
先週末の日曜日に、”1週間に1日は休んでもいいか”と思ってやらなかったんですよね。そうしたら、次の日の計測は見事にBMI値が上がってました・・・。
体重の増減に一喜一憂ですが、ヨガを続けているからか、だんだんと体が柔らかくなってきていて、それが嬉しい♪前屈とかすると体が前より曲がってるのが分かるんですよね~。
体が伸びると気持ちいいし、1日30分のヨガ、いい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜のトマトカレー

071215_1071215_2昨日の晩ごはんはカレー。
ブイヨンにカットトマト缶を1缶丸々使って、トマトベースのカレーです。フィジーで買ったレッドカレーペーストにカレー粉、ガラムマサラを加えてカレーに仕立て上げました。酸味が強いトマト缶だったので、少しだけカンボジアで買った椰子砂糖をプラス。これで少しまろやかに。具は全部野菜です。にんじん、玉ねぎ、しめじ、はつか大根、カリフラワー、水菜。ダンナが辛すぎるものは苦手なので、ごはんと混ぜて、チーズをのせた”焼きカレー”にして食べました。美味しかった。トマトベースのカレーもいいな。また作ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレンズ入り丸パン

071214_1カレンズを入れた丸パンを焼きました。
本当に久しぶりに、真っ白な粉だけのパンを作ったなぁ。ここのところ、グラハム粉や全粒粉、ライ麦、オートミールなんかの粉を混ぜたパンばっかり作ってたから、何だか新鮮です。食パンタイプばっかりだったし、丸くて小さいパンも久しぶり。
パクパク食べちゃいそう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノーボールクッキー

071213_1071213_2今日はスノーボールクッキーを焼きました。
お菓子作りはあまりしないんですが、これからは人並みにお菓子も作れるようになりたいな、と一念発起。
稲田多佳子さんの「”何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ-超人気お菓子サイト たかこ@caramel milk tea」を購入して、早速”くるみのころころクッキー”を作ってみました。
フードプロセッサーで材料を混ぜ合わせながら生地を作るので、作り方は簡単♪写真左は焼きあがった直後の写真。これだけでも甘さが控えめで美味しいです。バターは結構な量を使いますが。その効果かさっくりと、ほろっと口の中でくずれる食感のクッキーです。家にくるみがなかったので、カシューナッツで代用して作りました。写真右は粉糖をまぶしてスノーボールにした写真です。
これからはちょくちょくお菓子も作ってみよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かまたま

071212_1先日、徳島の友達が高松経由で帰省したからとお土産に「さぬきうどん」をいただきました。

友達のおすすめ通り”かまたま”にしました。
美味しい~♪コシがあって、シコシコで、何ともいえない美味しさ。卵とお醤油ってシンプルな食べ方が美味しいって、うどん自体が美味しいからなんだよねぇ。
徳島は西日本だけあって、”そば”より”うどん”です。徳島にも「たらいうどん」という名物の食べ方もあるんですよ。
ごちそうさまでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Wii Fit

071211_1よくCMを見る「Wii Fit」を買いました。流行モノに弱いので(笑)。Wii本体を持っていたので、買うのに敷居が高くなかったんですよねぇ。
1週間使ってみての感想は、結構キクじゃないか!です。普段運動をしていなかったからか、出来るメニューを全部やっていくと、筋肉がはった感じがして筋肉痛一歩前までになっています。メニューは大きく分けて4つで、ヨガ、筋トレ、有酸素運動、バランスゲーム。ヨガの”立ち木のポーズ””ダンスのポーズ”なんかは本格的なヨガのポーズで難しいし、ヨガを全ポーズやっていくと、それだけで30分くらいかかります。筋トレもキツいメニューがあるし、慣れてくると回数を増やす事もできる。有酸素運動はジョギングメニューがあって、短め(約3分)、長め(約4分)、島一周(約11分)、ながらジョギング(10分~10分単位)の4つから選んでやります。その場駆け足でのジョギングですが、ながらジョギングなんかで20分もやると汗は出てくるし、これでなかなか”やった”感があるんですよ。本格的なメニューばっかりじゃなく、有酸素運動にはフラフープやリズムボクシングなんかのゲーム感覚のものもあるし、バランスゲームはスノボーやヘディング、綱渡り、最後は座禅まで!一番のお気に入りはスキージャンプです。大好きな原田選手になったつもりでジャンプしてます(笑)。
ヨガ~バランスゲームまで全メニューやっていくと、約1時間30分は体を動かすことになります。

で、気になる成果は。少しずつですが体重もBMIも右肩下がりで落ちてきています。
続けていこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜のソムリエエプロン

071210_1この間、申し込んでいた野菜のソムリエエプロンとバッジ&スカーフ(バンダナ?)が届きました。
これは合格通知と一緒に案内が入っていて、希望者が購入できるものです。せっかくなので、買っちゃうことに。
バッジ&スカーフの色ですが、TVや雑誌に登場されている野菜のソムリエの方々は緑色をされています。ランクによって色が違うのです。私が取得できたジュニアマイスターは赤色で、1ランク上のマイスターは緑色。エプロンは同じです。
受講料が結構するので、合格者にプレゼントでもいいのでは(笑)と思わなくもないですが、やっぱり嬉しくて買っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋・コカブ2

071209_1秋植えのコカブです。

カブによって成長のバラつきがありますが、成長の早いものはカブらしく丸く大きくなってきました♪
間引きしたカブを食べましたが、夏に育てた時より甘みがあるように思います。本格的に収穫するのが楽しみ!どうやって食べようか。その前に無事に収穫にこぎつけなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリフラワー&ブロッコリー3

071208_2071208_1カリフラワー&ブロッコリーの現状です。

写真左がカリフラワー。葉が多くでてきて、丸い形に育ってきています。
でも成長が遅い気がする・・・。茎が太ってこないんです。栄養が足りないのかなぁ。ブッロコリーと比べても随分小さいし。心配だ・・・。
写真右はブロッコリーです。こっちは大きくなってきました♪
茎も太くなってきていて、葉もどんどん大きくなっています。でも周りの畑と比べると、蕾がつくのはまだまだ先みたいです。もっともっと大きく育たなきゃ。
虫もつき始めたので、注意して世話をしよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋・ラディッシュ&はつか大根5

071207_1_2071207_2_26日に収穫してきたラディッシュ&はつか大根(写真左)です。
写真の左半分は間引いてきたコカブですが。
順調に収穫できてます♪赤丸ラディッシュは収穫が遅れて割れちゃってたんですけどね。食べるのには問題ないので、キレイに洗っていただきます。
右の写真は久しぶりにお会いしたお隣の畑のおじ様がくださった水菜です。立派だ♪夏もインゲン豆やきゅうりをいただいたんだった。ありがたや。まずは生で、いただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンボジア旅行~番外編

071206_1_2今回の旅行中にお世話になったドリンクたち。
一番飲んだのはアンコールビールなんだけど、ビールはあと2種類飲んでみました。”ABC”は黒ビール、”BAYON”はラガーっぽいビールで、すっきりした口当たりでした。ホテルの部屋でハーフ&ハーフで飲んだんだけど美味しかったです。
ビールのうしろのボトルは全部ミネラルウォーター。添乗員さんが日本の水より硬いから、飲みにくければエヴィアンも売ってますからエヴィアンを飲んでくださいって言ってたのでどんなかと思ったら、全然エヴィアンより飲みやすかったです(笑)。エヴィアンの方がより硬水かと思います。ホテルのバーで買うより、町のコンビニ(数少ないですが)で買う方がもちろん安くて、半額~1/3位の値段で買えました。定価がないって、ホントなんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンボジア旅行~5日目

071205_2_2071205_3_2いよいよ帰国。時間がたつのが早かったなぁ、が感想です。あっという間に帰国日が来たって感じ。
行きと同じく台北経由でした。左はシェムリアップ→台北間の、右は台北→新潟間にサービスされた機内食。多くは語るまい・・・。席は3席+3席で行きと同じサイズでした。これには理由があって、シェムリアップ空港はアンコール遺跡群の近くにあるため、この以上大きな機体だと離発着時の振動などが遺跡群に影響を与え、破壊の原因になる恐れがあるからだそうです。なるほど。

071205_1_2台北での経由は辛かった・・・。3:00AM台に台北到着だから、免税店はおろかカフェも開いておらず。当たり前といえば当たり前なんだけど。トランジットゲート前の待合室で座っているしかないんだけど、手すりが固定された椅子だから横にもなれず、ただお尻が痛いだけ。
シェムリアップで見たニュースでは新潟は大雪が降ったって事でしたが、帰国日は晴れ。良かったぁ。予定時刻より1時間近く早くついて、新潟空港が対応できないくらいでした。荷物がなかなか出てこないんですよ。早くついたんで、荷物運搬の車両の準備が出来ていなかったみたいです。
添乗員さんやツアーでご一緒だった皆さんにご挨拶して、新潟駅へ。
すぐの出発の新幹線の自由席に座れたので、おそらく最短乗り継ぎで東京へ帰る事ができました。ラッキー!

直前予約のバタバタ旅行だったけど、行って良かった!
アンコール遺跡群はやっぱり素晴らしくて、訪れて、実際に見られた事が嬉しいです。
日数を延ばして、もっとゆっくり見て歩きたくなりました。アンコールワットだけで1日かけてもいい位です。また機会があったらぜひ訪れたい場所になりました。
飛行機は早朝の経由以外のスケジュールで、ぜひ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンボジア旅行~4日目・後編

071204_1071204_2午後の最初の観光はタ・プロームです。
仏教寺院として造られ後にヒンドゥー教寺院に改宗された様で、仏教色の強い彫刻がたくさん削り取られていました。タ・プロームは自然の力を示すために、あえて樹木の除去や石の積みなおしなどの修復は最低限に抑えているそうです。巨大なスポアン(榕樹)につぶされそうな寺院は有名ですよね。今回の旅行で訪れるのが一番楽しみでした。
写真左は東門の木です。建物の上に乗っかるように伸びるスポアンが生きるために大地に根をおろしている。生命力のすさまじさを感じます。右の写真のスポアンは屋根の部分を圧力で歪ませてしまっています。遺跡保存に関する趣旨は分かったけれど、ホントに崩れ落ちて手遅れになる前に、何らかの修復は行なってねと思いながら見て歩きました。

071204_3071204_4スポアンの根は縦方向だけに伸びている訳ではありません。左の2つの写真は遺跡の壁に沿って横に根がはったもの。大蛇のように見えるもです。石の間を押し広げ、隙間を探して伸びる根はクネクネとして、ホントにヘビみたい。右の写真のように、通路になっている回廊の上に根がはられているので、真下から仰ぎ見る事ができます。根は太さがあるので、梁みたいでした。

071204_5071204_6この2つのスポアンも、良く目にするものだと思います。
左は血管のようにからまる木。中央祠堂近くにあって、スポアンの根の上に別の植物の根が張りめぐらされて、まるで毛細血管。よくまぁ、こんなに育つもんだ。近くまで行って見る事はできませんでしたが、この木の周辺には彫が深くて美しいデバターが残っているそう。どうか、壊れないでいて!右の写真は最も有名な巨大木です。中央祠堂の南西側の回廊を踏みつけて、今にもつぶそうとしているよう。大きな根が何本も垂れ下がっています。やっぱり写真撮影の人気スポットで人が多く、正面から写真を撮ることができませんでした。最も有名な木の根が、回廊沿いに左方向に伸びたのが、上の真下から見上げることのできる梁の様な根です。

071204_7071204_8最も有名な木のある南西の回廊を横切り、西側入り口の塔門へ向かうと右側にラテライトで出来た塔があります。このラテライトの塔を1本のスポアンの根が串刺しにしていました。塔の中ほどから下へ、根の一部が突き刺さっています。塔に食い込む木です。これ、よく塔が崩れないでいるなぁ。石の隙間とはいえ、結構な体積のスポアンの根が食い込んでるのに。巨大木じゃない、右の写真くらいの根はいたる所にあります。タ・プローム全体に点在している感じ。遺跡の崩れも多く目にします。観光客が歩く通路も狭め。通路のすぐ脇には崩れた石を山積みにして、ロープを張ってあったりします。建物の中はまるで地震で崩れた瓦礫状態で、割れたり欠けたりした石がこちらも山積み。熱帯地方のジャングルにある遺跡を放っておいたらこうなるっていう見本だって、ガイドのオルさんは言ってました。保護の重要性を改めて感じました。

071204_9071204_10他の遺跡と比べて破損が多いように思うタ・プロームにも、見事なデバターがありました。
どちらも穏やかで優しい表情のデバターです。東門の壁面や、中央祠堂のあたりは美しいデバターが残っていました。デバターだけじゃなく、周壁にはナーガの彫刻があったり、塔門の前には金剛力士像が彫られています。中央祠の北側には4本の手に数珠を持つブラフマー神(梵天)の彫刻があります。発見当時のまま残されているという区画は緑に苔むして、すこし薄暗い感じが神秘的な感じです。デバターを初めとする、こんな美しく見事な彫刻やレリーフがスポアンの根や風雨による侵食で崩れてしまうなんて、心の底からもったいない!建築の時に石と石の隙間を埋めた土が雨で流され、できた隙間が地盤沈下のようにくぼむことによって、建物が傾いたり崩れたりするのだそうです。雨季は雨がすごいし。かといって遺跡全体に屋根をかける訳にもいかず・・・。ジレンマですね。

071204_11タ・プロームを見学した後はニャック・ポアンへ行きました。
仏教寺院です。ニャック・ポアンとは「からみあうヘビ(ナーガ)」という意味があるそうです。わかりますかね、祠堂の基壇(一番下)を2匹の大蛇(ナーガ)が取り巻いているんです。頭部が門のように立ち上がっています。祠堂の正面には観世音菩薩の化身・ヴァラーハ(神馬)像があります。インド神話”ヴァラーハ伝説”の一場面だそう。ニャック・ポアンは病を治す伝説の池「アナヴァタープタ」を模した池で、雨季は中央祠堂が水に浮かんだ小島になるそう。四方に小さい池があって、中央の大きな池から四方の小さな池へ水が流れ出す仕組みになっています。四方の小さな池の水の出口はゾウ・人・ライオン・ウマの頭部になっていて、大浴場でライオンの口からお湯が出てくるところを思い出しちゃいました。

071204_12071204_13最後の観光はプリア・カンです。
「聖なる剣」という意味があり、ジャヤヴァルマン7世がチャンパ軍に勝利した事を記念して建てた仏教寺院。入り口にあたる東西塔門の脇には巨大なガルーダのレリーフがありました。写真左は中央祠堂。参道の両脇のシンガ像が日本の狛犬を連想させます。やっぱり魔よけの意味もあるのかな。写真右は中央祠堂の北東に建つ建物。図書館だったという説がある建物だそう。2層構造は非常に珍しいって言ってました。それだけじゃなく、円柱の柱がギリシャっぽい。今回見たアンコール遺跡の中で、この建物だけが西洋っぽい印象でした。

観光が終わってホテルへ戻り、シャワーや荷物整理をしてチェックアウトしました。
夜出発の飛行機で帰国です。

071204_14071204_16空港に行く前にアプサラ舞踊を見ながらの最後の夕食です。「AMAZON ANGKOR RESTAURANT」というビュッフェ形式のレストランに行きました。500席くらいある新しいレストランらしいです。パスタや生春巻き、細まきのお寿司、ヌードル、焼き鳥などなどカンボジア料理にこだわらないメニューでした。アプサラ舞踊は9世紀頃に生まれた宮廷舞踊で、アンコール遺跡のレリーフにもアプサラ舞踊のモチーフがたくさんありました。アプサラは「天女・天使」とされ、神への祈りとして踊りを捧げるものだそうです。「ラーマーヤナ」と「マハーバーラタ」が題材となっていて、衣装も華やかで妖艶な踊り。激しさはないけど、美しい踊りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンボジア旅行~4日目・前編

071203_1071203_2いよいよ滞在最終日。朝ごはんをしっかり食べて観光へ出発です。

まずトンレサップ湖へ。海かと思う大きさ!乾季は約3000k㎡の大きさが雨季には約9000k㎡と3倍にもなる「伸縮する湖」です。養魚場、観光用水上レストランなんかがあって、水上生活をしている人たちのボートが行きかっています。右は水上生活用の一番小さい家

071203_3071203_4左は水上小学校の校舎。日本の支援で造られたそうです。韓国の支援で作られたり、いくつか小学校がありました。他にも運動場代わりの水上バスケットコートや水上図書館なんかも。水上生活家族の子供が小さなボートで通ってくるんですって。乾季になると水位が下がるので、どんどん湖の中央に移動していくそうです。右の写真はボートを停めてオルさんの説明を聞いているうちにやってきた物売りボート。船の反対側はもっとたくさんやってきて賑やかに「これ買って。」とバナナやジュースを勧めてきます。タイの水上マーケット程じゃないけど。

071203_5071203_6写真左は水上レストラン兼養魚場の水上家屋です。観光のボートが入れ替わり立ち代り寄るので、物売りボートも忙しく移動しています(笑)。子供1人乗りはタライだし(笑)。
右の写真は養殖されているワニ!狭いイケスにうじゃうじゃいます。何のために養殖してるのかと思ったら、バッグや財布にするためだそうで・・・。あぁ、そう、何だかな~。他にナマズの養殖もしてました。トンレサップ湖には約300種類の淡水魚が生息していて、東南アジアで最も種類が多いといわれているそうだけど、ワニまでとは。侮りがたし。

071203_7071203_8市内に戻ってオールドマーケット周辺でショッピング。シルクの布や服、雑貨、銀のアクセサリーなんかのお店もたくさんあります。前の日にそういうお店はまわったので、今日は調味料を探しつつ見物に。左は野菜売り場。かなりの種類の野菜・ハーブ・果物が山積みになってました。楽しい~♪右は肉売り場。その場でさばいてますねぇ。豪快。これには写ってませんがヘビ肉も吊られてました。

071203_9071203_10左の写真は米屋さん。何種類もの米が並んでました。タイ米みたいな長細いやつや、日本の米みたいな短いタイプも。これ、歩道にせり出して並んでる感じなんですよ。人が立ち止まると歩道をふさいでる(笑)。右は日用品を売ってるお店が並んでいる区画。狭い通路沿いにいっぱい物が吊り下げられていて、どこに何があるのか分かんない(笑)。吊り下げ型の蚊取り線香が欲しかったので店員さんに聞いたら「ある」って言うんで待ってたんだけど、探すのが大変そうでした。しかも結局吊り下げ型のはなかったし(笑)。

071203_11ナンプラーやチリの調味料も買って、マーケットを堪能したのでお茶することにして、前日にランチに寄った「Le Grand Cafe(ル・グラン・カフェ)」でパフェを食べました♪左はマンゴーやレモンの柑橘系さっぱりパフェで、右はバニラやストロベリーのパフェ。集合時間まで余裕と思ってたら、意外に時間がない事に気が付いて。テーブルにパフェが来てから約5分で平らげるダッシュ早食い(笑)。あせった~!お店のお姉さんも笑ってました。おかげで集合時間には間に合いました。

071203_12昼食は日本食で「銀河」というレストランでした。
天ぷら定食で、みなさん食が進んでおられました。焼酎もあって、おじ様たちは飲んでました(笑)。つきだしのマカロニサラダが懐かしい感じ。天ぷらも熱々ではないけれど、温かいものが出ました。冷奴は冷たくなかったけど。ごはんはうるち米っぽいお米でしたが、私には柔らかすぎでした。米どころ新潟の方たちの感想を聞いて帰ってくれば良かった。ツアーでよく使うのか、バスが何台か停まってましたね。

さぁ、午後はいよいよタ・プローム観光だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンボジア旅行~3日目・後編

071202_1071202_2シェムリアップ市内、オールドマーケットそばにある「Le Grand Cafe(ル・グラン・カフェ)」でクメール料理のランチ。
まずはやっぱりアンコールビール!瓶で3US$でした。お店によって値段が違っていて、ホテルのレストランでは4~5US$くらいしました。つきだしはさつま揚げ。次は揚げ春雨がトッピングされた甘酸っぱいサラダです。さっぱりしていて食べやすい味付けでした。暑い時には食欲がわきそうでピッタリ。

071202_3071202_4メインは豚肉のココナッツカレー。さらっとしたカレーで、スパイスはしっかり使っているけれど辛すぎないので食べやすかったです。ココナッツミルクでマイルドになってるし。カレーがのっているのはハスの花びらで、おしゃれでアジアっぽい!デザートのマンゴーとライムのソルベが美味しかった~♪ウェハースの変わりに薄焼きのクッキーが付いていました。フルーツ以外のデザートらしいデザートってここが初めてで嬉しかった♪

071202_5071202_6食事のあとはホテルへ帰ってお昼休みの予定だったのですが、せっかく市内にいるしホテルまで歩いて帰れる場所だったので、自分達でホテルへ戻ることにして町を散策しました。左はカフェ前で撮った町の写真です。車も走ってますがバイクが多い!2人乗りは当たり前、3人乗りや子供を抱えての4人乗りまで。メットもあんまりかぶってませんねぇ。信号がないので道を渡る時はバイクの間をぬって渡る感じです(笑)。事故に注意!右の写真はフルーツの屋台。前の日に食べたくせに龍眼を買っちゃいました。値段を聞いたら1US$だっていうんで買ったら1kg渡されました。そんな食べられないわっ!ホテルで気の済むまで食べて、残った分はホテルのベッドメイクのスタッフさんへプレゼント。”お茶の時にみんなで食べて”ってメモを付けて部屋に置いておいたら持っていってくれてました。

071202_7071202_8オールドマーケットの中も少しぶらついてからホテルへ帰ることに。ホテルまでは歩いて帰れる距離って判ってはいたけど、乗ってみたくてバイクタクシーで帰りました。もちろんメーターなんか付いていないので、乗る前に値段交渉です。2人で1US$で乗りました。高かったのか、適正だったのか判りません(笑)。半額に値切ってみたんだけど「ガソリンが値上がりしてるから値下げできない。」と頑として応じなかったので払いました。窓なんかないし、基本的に道路は舗装されていないので埃っぽい!そこを除けばいい感じ。ただし長距離移動はツライ気がしますが。

071202_9071202_10午後はバンテアイ・スレイ観光へ。
シェムリアップから車で1時間ほどかかりました。途中いくつもの遺跡や村を通るので飽きたりはしないけど、疲れている人にはいい休憩タイムになります。ヒンドゥー教(シヴァ派)の寺院で「女の砦」の意味を持つそうです。赤い砂岩やレンガとラテライトを多用した朱色にも見える色合いが他の寺院と違っていて、美しい遺跡です。

071202_11071202_12バンテアイ・スレイはデバターや彫刻がキレイな状態で残っているものが多いです。中央祠堂には”東洋のモナリザ”と呼ばれるデバターがあるんですが、立ち入り禁止で間近で見る事はできませんでした。見えるんですが、遠くて顔立ちまでは無理。残念!写真左は中央祠堂に彫られたデバターの内の1体で、まだ近くで見ることができたものです。”東洋のモナリザ”ではないですが、ガイドのオルさんが「あんまり変わらないです。」っていうもので(笑)。写真右はレリーフで、カイラス山で阿修羅をやっつけるために瞑想するシヴァ神。下の方では20本の腕と10の頭を持つ魔王ラーヴァナが、シヴァ神の瞑想の邪魔をしようとカイラス山を動かそうとしている様子だそうです。これをはじめ、彫りが深くて細かい見事なレリーフがたくさんありました。

071202_13

これは遺跡内に転がっていた石。崩れてしまった遺跡の一部です。番号がふられて修復の順番を待っています。バンテアイ・スレイに限らず、こうした”遺跡のかけら”があちこちの遺跡内に転がっています。言葉は悪いのですが、”置かれている”のではなく”転がっている”感じに見えちゃうのです。観光客が歩く道沿いにあるので、踏まれたり、休憩に座られたりしています。いいのかな?って思っちゃいますね。修復の予算がなくて、有名な遺跡の修復を優先的にしているので、小さな遺跡は後回しになって放置されているものもあるようです。内戦時に戦場になった事も大きな理由なんでしょうが、アンコール遺跡群が「危機遺跡」として認定された意味がわかりました。何とか早い時期に修復作業が始まればいいのに。私に何ができるだろう?と考えさせられます。

071202_143日目最後の観光はスラ・スラン
バンテアイ・クディ遺跡の正面にある、王が沐浴するための池。オルさんが笑いながら「世界一大きいお風呂です」って言ってました。東西約700m、南北約300mって、どんな大きいお風呂やねん!ってツッコミたくなります。写真はシンハ像とナーガの欄干越しに見た池です。ここの日の出もキレイだそうで、滞在中に2度朝日を見る予定の場合は1回はアンコールワットで、1回はスラ・スランで見る事が多いそうです。

071202_15夕食は中華料理。アンコール・ショッピング・センターの上にあるお店で、買い物の後に食事でした。この日が落ち着いて食べられる最後の夕食だったので、添乗員さんからサプライズイベントがありました。ハネムーンのカップルが1組いらっしゃったのと、参加者の最年長72歳の方が山道など長時間の歩き観光を全てこなしていらっしゃったお祝いに、記念品の贈呈。11月がお誕生月の方がお2人いらっしゃって、そのお祝いに全員にマンゴーのケーキが振舞われました。粋な計らいってやつですね。

明日はいよいよ最終日。いちばん楽しみなタ・プローム観光です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日のお弁当27

071201_a今日の土曜日のお弁当です。旅行に行ったりしていたので、何だか久しぶりの弁当。

メニューはコロッケちくわきゅうりプチトマト玉子焼きこんにゃくのピリ辛炒めハムときゅうりはつか大根の粒マスタードサラダはつか大根とあさつきのお味噌汁です。
カンボジアでクメール料理とか普段食べないものをたっぷりいただいた後なので、あえて定番メニューにしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »